日本にはどのような株主優待が存在する?

折れ線グラフ

株主優待は一定数以上の株式を所有する人に対して株式会社が配布する特典を指します。
海外の企業には株主優待という概念は無く、株主に対する特典は配当金の増額が普通です。
ごく一部の海外企業では自社製品の割引券や商品の贈与が株主優待の形で行われますが例外的な扱いになっています。
株主優待は日本の株式会社では普通に存在する特典です。

企業のジャンルに関係無く、自社商品や割引券の贈与が行われる他、優待券の存在も広く知られています。
優待券は株主優待の中でも広く普及している特典の一つで、特定のサービスが自由に利用出来るのが一般的な内容になっています。
優待券は特典の中でも高い価値があると見做され、近年では金券ショップやネットオークションなどの市場で取引されることもあります。

株主優待で得た特典の使用方法は受け取った側の自由ですが、企業によっては他者への譲渡を規約で禁止していることもあるので注意が必要です。
また、優待券をはじめとする一部の特典は有効期限が設けられているため、期日が過ぎると価値がなくなってしまいます。
付与された特典を活用するためには期限などの詳細をよく確認しておくのが無駄の無い管理方法になります。

日本での一般的な特典は企業のジャンルに関係無く、特定の商品を安く購入出来る割引券や限定サービスが利用出来る優待券が主流です。
また、提携企業が扱うサービスの格安利用や商品の購入など、株式を発行している会社の業務とは直接の関係が無い内容の特典も多数存在します。
日本での優待は株主に対するサービスの色合いが強く、金銭的な利益を重視する海外とは発想が異なるのが特徴です。

日本では株主への金銭的な利益は株式の配当が主軸であり、特典はあくまで株主に対する挨拶やおまけの要素が強くなっています。
そのため、場合によっては非実用的な内容になってしまうこともあることから、株主が特典を受ける際は十分に注意することが大切です。

変わりもの株主優待!

株主優待は一般的に株主に対して企業が感謝の印として贈与する特典です。
割引券や優待券、限定商品などが主流ですが、企業によっては他社との差別化を図った独自のサービスを株主優待として提供する所もあります。
独自の株主優待として広く行われているのは企業が所有する施設の優先的な使用権です。
具体例としては保養施設やスポーツジム、遊園地などを格安の支払い、あるいは無料で利用出来るものがあります。

また、小売店などの業種では生活用品や食料品などの商品を市場価格よりも遥かに安価で購入出来る株主優待があります。
業種によってはイベントや舞台公演の出演のような特殊なサービスを利用出来るものがあります。
生活に直結したサービスは利便性が高いおすすめの株主優待なので、株主になる際の重要な選択肢になります。
近年では比較サイトで株主優待の具体例を紹介しているので、利用目的に沿った内容を選ぶのがおすすめです。

特典は上手に活用することで株式を発行する企業に対する愛着が増大することから、詳細を確認して快適に使える物を選ぶことを心がけます。
優待券や割引券などを使う際のスケジュール調整を専門職の人が効率的に管理してくれる特典もあるので、余裕を持って特典を消化したい人には便利な内容です。

その一方でスケジュール調整の利用は企業によっては扱っていない所もあるので、比較サイトで情報を確認しながら選ぶのが無駄の無い方法になります。
特に有効期限が近い優待券や割引券は期日を過ぎると無価値になって使えなくなるので早めの準備が不可欠です。
スケジュール調整の代行特典もある程度の時間的な余裕を持って利用するのが不安を感じない、楽しい使い方になります。